2019年9月17日火曜日

ナショナルチーム選考記録会 兼 アジア選手権大会予選

すっかり秋らしい気温になってきましたね。

寒暖差がまだ激しいので、体調管理が難しい季節です…( ´・ω・` )

さて、今回は東京都北区赤羽にあります「味の素ナショナルトレーニングセンター」にて行われましたナショナルチーム選考会に参加してきました!


今回は、「我が国におけるトップレベル競技者の国際競技力の総合的な向上を図るトレーニング施設」(味の素NTCホームページより)と説明されているように、日本のトップアスリートの方々が集う最高峰の施設が会場となりました!


さすがトップの方々が集まる施設というだけあり、施設内は全て撮影禁止…
今回は、文章だけの素っ気ない報告になってしまうことをお許しくださいm(_ _)m


今回の成績は613.9点。
決勝進出はできませんでした。
前回の試合では616点だったのが、今回は3点近く点数を落としてしまいました…


丁寧に1つひとつの動作を行おうと心がけたのですが、これが裏目に出たのか?
1発を撃つまでに時間がかかってしまい、後半体力不足に悩む結果となってしまいました
丁寧にしつつ、動作はコンパクトにまとめる
頭ではわかっていても体現するのはなかなか難しい(> <)
この反省を元に、時間を意識した練習に取り組んでみたいと思います!


さて、東京五輪まで残り1年を切ったこともあり、各国のナショナルチーム選手と親善試合をする機会が増えてきました。
前回のイタリアチーム、そして今回は中国の選手!


中国選手の試合を見て、圧倒的な実力差を感じました。
1発1発がテンポよく、まるで機械が動いてるかのような正確な動作の繰り返し
無駄な動きが無いというのはこういうことを表すのだと学びました


トップ選手の試合は動画配信などもされているので、自分の試合との違いなどを見比べてみようと思います(p*`・ω・´*)q


次は10月に大阪府能勢で行われる全日本大会!
残り1ヶ月、練習頑張ります!

応援よろしくお願いします😊

2019年7月20日土曜日

日伊親善大会

7月ですが、涼しい毎日が続いています⋆* ⁑⋆* (๑•﹏•)⋆* ⁑⋆*


こんな天気では夏の名物、海水浴もままならないですね(´×ω×`)


残念ながら私は夏でも山ごもりばかり!
射撃の大会シーズンがやって参りました


(藤枝市ホームページより)


7月14日~15日にかけて、静岡県藤枝市にありますスポーツパル高嶺の郷で開催されました「全日本クラブ対抗 兼 日伊親善試合」に参加してきました!

背景を見ていただければ分かる通り、ひたすら山です(笑)


今回、イタリア代表チームが日本に合宿に来ていて、親善試合を行うことが出来ました!


来日していたイタリア代表チーム、年齢層がバラバラで、射撃は世界共通で生涯スポーツなんだなと知ることが出来ました


大会では、リアルタイムで成績が更新され、順位がすぐ分けるようにモニターが設置されています。例えばこのモニターで6位に名前があがっているのがイタリア代表の選手です


イタリア選手の方々がどのような射撃の姿勢を作るのか、また時間の使い方など、見ていてとても勉強になることが多かったです!



今回の大会では3種目出場してきました
・SB 3×40W(女子3姿勢120発)
・SB P60W(女子伏射60発)
・AR S60W(女子立射60発)

SBはスモールボアライフル(火薬銃)、ARはエアーライフル(空気銃)という意味です。

SBとARでは銃の重さや引き金の軽さ、撃った時の反動の違いなど、結構差が大きいので私はSB1種類に搾って練習を重ねています。
あまりARの大会は出ないのですが、初心に戻ることも大事だと考えて毎回クラブ対抗戦ではARも出るようにしています。


大事な試合の結果は………


土曜日に行われたSBの試合では、10位で決勝に出場できず…
さすが「全国」と名のつく大会、実力の違いを見せつけられました…


この悔しさをバネに、日曜のARは基本を大切に撃とう!

そう意気込み、いざ出陣!

得点を意識せずに撃つのってなかなか難しい😕




結果は5位で決勝進出することができました!(点数の横にQFと書かれている選手が決勝進出できます)


本戦1位の一ノ渡選手が撃った630点、なんとこの得点、日本新記録なんです!
実は一ノ渡選手は同じ大学の後輩なのですが、教わることは沢山です( -᷄ ω -᷅ )
私の得点は616.7点だったので、13.3点差ですね…(笑)


決勝戦はYouTubeに載っているので、もし良かったら見てみてください!
私はH的で撃ってきました(*´ ³ `)ノ




決勝は8人全員がそれまでの得点を0として、決められた発数の中で順位が決まっていきます。
大まかな流れとしては、
5発×2回(第1・第2シリーズ)
1発ずつ(ここで順位が決まっていきます)

詳しくは動画を見ていただければ、わかりやすいかと思います!

ARの決勝は大学ぶりに出場だったので、変わっていたルールに対応できないまま実力が出せず7位に終わってしまいました…
完全に自分の経験不足です( ´;ω;` )



決勝戦終了後の1枚📷


AR、SB問わず決勝に出るのは実に一年ぶりなので、とても楽しかったです!




試合の後、イタリアの選手がピンバッジをくれました!
こういった交流ができるのも試合の醍醐味ですね🎶



今回は非常に勉強になる試合でした!
ここで学んだことを活かし、次に繋げていきたいと思います(*^^*)









2019年5月22日水曜日

大きい買い物

新しい元号「令和」になりました(^^)

私は初めて元号改正を体験したので、令和元年と書くのか、令和1年と書けばいいのか毎回悩んでしまいます…

最近警察署に行く回数が多かったのですが(悪いことはしていませんよ!)、書類に記載する表記をなんて書けばいいのか?と、1人で葛藤していました(笑)



さて!タイトルに書きました通り!

令和になり、心機一転も兼ねて大きな買い物をしました!




こちらです!!


大きなケース…

これが今回買ったものです(  ˆΟˆ  )

このケースが大きな買い物??



中身はこちら


新しいライフル銃です!


最近警察署に行くことが多かったのは、この新しい銃をお迎えするための手続き関係でした


持ち運ぶためのケースも大きく、金額も大きく…

人生で初めての大きな買い物になりました

金額はメーカーによってバラバラなので一概には言えないですが、この銃の金額でいえば、中古の軽自動車が買えるのでは…?


なんとこの銃、まだ日本に出回っていないので今のところは所持しているのは私一人なのです…

射撃場に練習に行く度に、他の方々から物珍しい目を向けられます( ^_^ ;)


今はこの新しい銃に慣れるため、ひたすら練習の毎日です

6月には新潟県でナショナルチーム選考会が開催されるので、その試合に向けて調整を行っています

引き金を引く感覚や抵抗感、重さのバランスなど、見た目は似てても実際はまるで違う感覚に苦戦していますが、少しずつ掴めてきたような気がしていますd(˙꒳​˙* )


試合まで残り3週間!

ベストコンディションで臨めるよう、うまく調整を重ねていきたいと思います( •ᴗ• )


応援よろしくお願いします!

2019年3月25日月曜日

AR全日本大会

3月16日~17日にかけて、宮城県石巻市にてAR全日本大会が開催されました!

この大会はグレード1カテゴリーに当てはまる、全日本クラスのとても大きな大会です


今回は、エアーライフル(空気銃)を使用した種目での出場でした!

普段はライフル銃(火薬を使う)をメインとしていますが、やはり射手たるもの弘法筆を選ばずの精神を持たねば!ということで、今回久々にエアーライフル種目にも精を出しております。


結果は決勝出場ならずでした…

しかし、課題がいくつか見つかりました。


まず、狙いすぎる。

狙いを定め、引き金を引き弾が発射されるまでの間、基本的に呼吸は止めます。

この呼吸を止めている間が長すぎると、酸欠状態になります。酸欠状態になると、真っ先に影響が出るのは「目」です。

呼吸が苦しくなるよりも先に、まず視界が霞んできます

すると標的が見えにくくなり、ますます狙いこんでしまい悪循環に陥ってしまうのです…


他にも緊張から引き金を引けず、狙いこんでしまうこともあります。



次に引き金を引く力加減。

引き金を引くという行為は、一見簡単に行えると思いますよね!

しかし、意外と難しいのです(u_u)

力任せに引き金を引くと、その力が伝わり思わぬ方向に弾が飛んでいくこともあります。また、指先で引くか、指の腹で引くかによっても力の入り方が変わってくるのです

指の腹で引く場合

指先で引く場合


親指と人差し指の間の開き具合が変わっているのも分かりますか?

上の写真では、あまり手を開かずに握れていますよね!

しかし下の写真では手を開いた状態です。

これはどちらが良いか悪いかは人それぞれなので、一概には言えないのですが、この開き具合でも力の入り方が変わってきます。


引き金は真っ直ぐ、繊細に。

頭では分かっているものの、まだまだ技術が身についてないなと痛感しました…(_ _)


克服すべき課題を再確認したところで、今年度の試合は終了です!

来年度は、4月2週目に行われる国民体育大会の県予選から試合が始まります。

シーズンオンもすぐそこに迫っていますが、焦らずにしっかりと課題に向き合っていきたいと思います!


応援よろしくお願いします(o^^o)

2019年2月9日土曜日

全日本ミックスチーム射撃選手権

寒い日々が続いていますね。

さて今回、報告が遅くなりましたが第1回全日本ミックスチーム射撃選手権に出場してきました!
これまで様々な大会に参加してきましたが、記念すべき第1回目の大会に参加したのは今回が初めてです!



〜ミックスチーム選手権とは?〜
本来、射撃競技は個人戦です。自分と戦い、相手と戦う。頼れるのは自分だけ!そんな環境ですが、この「ミックスチーム」戦は、男女1人ずつで2人1組のチームを組み、決められた発数(空気銃で立射40発)での射撃を行い、その合計点で競う競技です
ペアがいるということは、自分がミスした時もカバーしてもらえる!それはつまり、逆もあるということ…
個人戦とはまた違った緊張感が生まれてきますね(・ω・`;)


さてさて、普段なら「康明会病院」の所属で大会に参加する私ですが、今回だけは自由に所属名を決められるのです!
一生懸命考えた結果…こちらになりました!

「チームおかわり」


ペアを組んだ子とは大学時代からの同期なのですが、まあお互いご飯をよく食べる!ということで、こんなお名前にしてみました(笑)
他にも「下手な鉄砲数撃ちゃ当たる」なんてチームもいました!(このチームの方々、全然下手じゃないんですよ?💧)

チーム名で大喜利合戦をしつつも、試合は真剣に!

モニターの左下に名前を出してくれるんです!カッコイイ(笑)

ご覧の通り、最後外してしまいました…
「助け合う相手がいる」ということが、精神的支柱になるよりも、プレッシャーとなってしまったようで普段の大会よりも断然緊張しました(´×ω×`)
でもどうやらそれはお互い様だったようで、相方共々絶不調

結局25位という、とても不甲斐ない結果で終わってしまいました…

悔しい!!とにかく悔しいです!


これからシーズンをむかえるにあたり、色々な課題点が浮き彫りになりました。
次は3月に行われる"AR全日本大会"
国際大会にも出場するような選手がどんどん集まってきます。負けてられません!
今回の試合での反省を活かし、練習を重ねていきたいと思います!


応援よろしくお願いします!(^^)!

2019年1月22日火曜日

2019年!!

あけましておめでとうございます٩(๑❛ᴗ❛๑)۶
2019年も宜しくお願いします!
年初めから練習行ってきましたㄟ( ・ө・ )ㄏ
東京在住の私ですが、練習する際はもっぱら県外へ行くことがしばしば…とはいえ、東京都内にも射撃場がいくつかあるのです!!ご存知でしたか?
府中市や目黒区、世田谷区、足立区など…郊外にあるのかと思いきや、調べてみると、23区内にも多くあるんですよ〜
さて、今回私は世田谷区総合体育館内にあるエアーライフル射撃場で練習してきました!
初めて行く場所だったので、どんな場所なのか少しドキドキ…




ここの射撃場は、弾が当たった場所をモニターに表示してくれる「電子標的」が使える便利な射撃場なのです!
そこまで大きくない射撃場ではありますが、この電子標的が使える射撃場はなかなか無いのでとても有難い!


たくさん10点を撃ち続けられました!(^^)!
私の知ってる射撃場は、車を使わないとたどり着けないような場所にあるのが多かったので、今回ここを見つけられたのは大きな収穫d(˙꒳​˙* )
シーズンオフ中の拠点にしたいと思います!

2018年11月28日水曜日

(*'-'*)ノはじめましてヽ(*'-'*)

小沢楓、25歳です(*δωδ*)」

医療法人社団康明会 康明会病院所属、介護士をやってます!
その傍ら、ライフル射撃というスポーツでオリンピックを目指しています。

ライフル射撃とはなんぞや?と思う方も多いと思うので、ちょこっと紹介です。

よく、飛んできたお皿を撃つ「クレー射撃」と間違われるのですが、私が行っている「ライフル射撃」は、止まっている的の中心をどれだけ正確に撃てるかを競う競技です。


↑こんな銃を使います

銃も、公安委員会からの許可を受けないと取り扱えない、始めるまでに少し手間暇のかかるスポーツです(笑)

私がメインで取り組んでいる競技は、50m離れた位置にある的を、膝撃ち・伏せ撃ち・立射の3種類の姿勢でそれぞれ決められた回数撃って、その合計点を競います。

膝射(kneeling)


伏射(Plone)


立射(Standing)

標的自体は割と大きいのですが、中心部分の最高得点となる10点の大きさは、1円玉よりも小さいのです…

銃の重さも、色んなパーツを取り付けていくと6キロ以上になることも!
動かない競技ですが、体力はガッツリ削られていきます( •́ •̀ )
でもこんなに辛いからこそ、10点に当たった時の爽快感は格別なのです!


そんな競技を始めてもうすぐ10年になります。
今では仕事と両立しながら、遠征を行っています!
射撃場がある場所がだいたい山奥なので、シーズン中は山奥にこもる日々


こんな景色の中、練習や試合を行っています。
花粉症には厳しい環境ですね(笑)

今回はざっとの紹介になりましたが、これから少しずつ皆さんにライフル射撃競技を知っていただければ嬉しいです٩(๑❛ᴗ❛๑)۶

応援よろしくお願いします!